自分の成長が停滞していると感じている原因は、刺激のない生活

スポンサーリンク

最近、いい意味でも悪い意味でも安定してきたと思っています。
悪い意味で安定してきたことで少し停滞しているように感じます。

自分自身で成長していることを実感できなくなって来つつあります。

ロックバンドの1stアルバムが名盤過ぎて、後にそれを超える作品が作れないという現象がありますが、なんとなく当事者側のその気持ちがわかるような気がします。

でも自分はそうなってはいけない。

日々もがく中で気付いたことをまとめます。

5

刺激のない生活では自分が成長しない

最も大きな気付きがこれです。
毎日に新鮮さが1年前と比べて減ってきている、これに尽きます。

1年前は右も左もわからない状態で、とりあえず良かれと思うことを試してみたりしていました。その代表がコワーキングで、イベントを開いたり、逆に参加したりもよくやりました。

毎回新しい気付きがあって、それを自分なりに消化することで自分の成長を明らかに実感できていました。どんな仕事も遊びも新鮮。楽しくて仕方がないです。楽しいのは今も変わらないですが、どこか違和感を感じるようになり、今に至っています。

いろいろと習慣を試してみたり、出かけたりすることで何かに気付きました。

自分には毎日新鮮で楽しめることがないと成長しない

現時点の私が感じていることです。充実してたと思うのは、今までにないことをした時がほとんどです。そんな瞬間を増やしていきたいので、私はこれからも新たな取り組みを続けていきます。

周りからは何をやっているのか分かりづらいと思います。
でも、気にせず自分が楽しいと感じるようにして、そのことで周りを幸せにできるようにしていければと思っています。

 

ブログは毎回新鮮

ブログなんて毎日同じことの代表と思われかもしれません。
でも、書いていることは毎回違います。毎回違うテーマで気分も日によって違うので、毎回新鮮な気持ちになります。

 

常に突っ走れる自分に

どうも私は安定を求めてしまうけど、安定してくると違和感を感じるようです。

日々新たな気付きを得れるように生活していくことが楽しいので、これからも止まることなく突っ走っていくのが自分に合っているような気がします。

まだはっきりと答えは出ないですが、もがいて、一つ壁を突破できるようにしていきます。