大きく稼げないのに、それでもオークション代行を続ける理由

スポンサーリンク

いつもの技術的な話ではなく、今回は生活に密着した私の仕事の話をします。

私はオークション代行という仕事をしています。
知り合いの方から、家の不用品を受け取り、私が代わりに販売して、その売上の半分をお渡しするということをしています。

2012年の後半から、私と一度でも会ったことがある方だけを対象にして、細々とスタートしました。今まで6人の方から依頼を受け、合計で70万以上は売り上げました。

荷物を運ぶ

オークション代行の販売先

オークション代行で受け取った商品は、Amazonマーケットプレイスかヤフオク!で販売しています。

Amazonで検索できる商品の場合はAmazonで販売して、まとめて販売したり、オリジナルの売り方をする場合はヤフオク!を使っています。

個人的な感覚としては、Amazonの方が圧倒的に売れやすいです。売り方次第ではヤフオク!でもよく売れます。

 

大きくは稼げない、個人にしかできない仕事

最初に合計で70万以上売り上げたと言いましたが、その内の1人だけで60万以上の売り上げがあります。たまたま高く売れる商品をご依頼いただいたおかげです。

逆に言うと、ほとんどは大した売り上げにはなっていません。事業として考えるとまず成り立たないです。

でも、不用品を渡す側(お客様)からすると、リサイクルショップやブックオフなどに売ることを考えると、思ってた以上のお金になるようで、想像以上に喜んでいただけます。やってて良かった、と思える瞬間です。

 

モノが少ない生活、憧れませんか?

なぜ、あまり稼げないオークション代行をするのか?

それは、不用品を減らすことで、スッキリとした生活ができる喜びを味わって欲しいからです。それと同時に、自分の持っている不用品にこれだけの価値があるということを知っていただきたいと思っています。

近藤麻理恵(こんまり)さんの本で「人生がときめく片づけの魔法」というのがあります。あの本では、徹底的に捨てることを説いていました。

でも私は捨てるぐらいなら、欲しがっている誰かに譲って、ちょっとでもお金を得た方がいいと思っています。

モノも減らしつつ、お金を得る。得たお金で自分の好きなことに使うことができれば、幸せなことだと思いませんか?

キレイ事かもしれませんが、本気でそう思っています。だからこそ、オークション代行を続けることができています。

もし、不用品を売りたいと思っている方は、私に連絡ください。基本的にはお会いしたことがある方だけを対象とします。