台湾に住んでいるアメリカ人のゲストを受け入れしました

スポンサーリンク

2013/2/13〜14に台湾に住んでいるアメリカ人のゲストをカウチサーフィン経由で受け入れしました。

2月はこれで2回目。(前回の記事
10回以上のカウチサーフィンの経験がありますが、アメリカ人を受け入れするのは実はこれが初めてです。今まで意外とアメリカ人からのメッセージがありませんでした。

ゲストとの写真

写真のように今回もとても楽しい時間を過ごすことができました。
シカゴに住んでいて、アメリカに来た時は「シカゴに来てください」と言ってもらえました。

 

夕食は豪華ディナー!?

今回のアメリカ人は料理もできる人たちで、いろいろと手伝ってくれました。

タイ風のグリーンカレーを買ってきてくれ、自分で作ってくれました。

夕食1

 

これがグリーンカレー。スパイシーで美味しい!

夕食2

 

いつもお世話になっている近所の方が作ってくださったポトフ。

ソーセージは前回のゲストのお土産を使いました。

このポトフも激うまでした。

夕食3

 

たくさん話せた

2人のうち1人は私の家の最寄り駅の隣の駅の近くに住んでいたみたいで、この辺りのことについて詳しかったです。

そんなこともあり、すぐに打ち解け、いろんな話ができました。

次の日が東京で、しかもノープランだということで、コワーキングやカオサン東京(ゲストハウス)の話もしました。広くて周りきれないと言っていましたが、果たしてどうなるやら・・・。

 

彼らは台湾で英語の先生をしているので、とても聞き取りやすく、会話にほとんど支障はありませんでした。英語はやはり、人によって全然違います。

アメリカにもこれでつながりが出来たので、旅行の選択肢が増えました。
カウチサーフィンのゲストを訪ねて世界一周の夢にまた一歩近付きました。