フランス人女性2人組をカウチサーフィンで受け入れた話

スポンサーリンク

2013/3/11〜13にかけて、カウチサーフィンでフランス人女性2人組のゲストを受け入れしました。

ちょうど1年前が初めてのカウチサーフィンだったのを覚えています。

初めてのCouchSurfing受け入れ体験記 | cocowa

一年前のことを思うと、よくこれだけの外国人を受け入れてきたと思います。
トータルでは20回以上の受け入れをしましたし、電子書籍まで出版しました。

フランス人のゲストと

女性2人組は初めて

今まで20回近くのカウチサーフィンの経験で、女性2人のゲストはありませんでした。

男性の私が登録しているので、それが影響しているのだと思います。最初の7〜8回は男性ばかりでしたが、2012年の後半〜現在にかけては女性からのカウチリクエストが多くなってきました。

信頼が大事ということなのは世界共通なんだと思うと同時に、旅をしたい女性ってかなりの割合で多いことに気付きました。

フランス語は歌のようだ

今回、2人のフランス人だったので、2人だけで話しているときはフランス語でした。

フランス語の音の波は独特で、歌っているような感じ、聞いてて心地良いです。英語にはない響きなので、ついつい聞き入ってしまいました。意味はわからないですけどね・・。

フランス式のクレープを作ってくれた

今回のゲストはフランス式のクレープを作ってくれました。

クレープの生地を作り、そこにハムやチーズを入れて食べます。それが1回目。2回目は同じハムとチーズですが、1回目よりもチーズが少なめなのが、ルールらしいです。

2回食べると満足するので、次は残った生地でジャムなど甘いものをつけて食べます。ヌテラで巻いたクレープがめちゃくちゃ美味しかったですよ!

クレープ

このように普通に生活しているだけでは、食べることのできないであろうものを食べれるのもカウチサーフィンの魅力です。

今回もいい体験ができました。