「おうちコワーキング体験会 Jelly Vol.1」を開催しました。

スポンサーリンク

2012年1月29日に私の家「ありがとうの家」をコワーキングスペースとして開放しました。
初めてのおうち開放です。

facebookだけで参加を呼びかけましたが、4名もの方に参加していただきました。
参加していただいた方、本当にありがとうございました!

ウェルカムボード

おうちコワーキングを始めるきっかけ

そもそも何で自分の家を開放してまで、コワーキングをすることにしたのでしょうか。
今からそれを説明いたします。

2011年8月に「十三コワーキング&家族ラボ」というイベントに参加しました。
ここではコワーキングと小さいお子さんがいる家族の方が同時に集まり、
仕事をしたり、近況報告をしたり、家族のことについて話し合ったりしていました。

私が特に惹かれたのが、家族が集まるイベントで、地域のつながりを重視しているところでした。

それを帰ってから妻に話したところ、
せっかく「ありがとうの家」なんだから家を開放してみたらいいんじゃない?という意見でまとまりました。

それを実行したのが今回のイベントだったという訳です。

おうちコワーキングの様子

コワーキング中

こんな感じで掘りごたつを囲みながら、終始なごやかな雰囲気で時間が過ぎていきました。

あちこちで様々な話題が飛び交い、皆さんの笑顔が多く拝見できました。
私自身もこれからの仕事につながる話などあり、とてもいい時間が過ごせました。

写真はありませんが、15:00頃には手作りパンも提供し、ご好評をいただきました。

感想や今後の展開など

実際に開催するまでは夫婦ともに緊張して、いろいろ考えたり、部屋の整理をしたりしました。

始まってみれば緊張はあったものの、参加者のみなさんのおかげでいい空間が作れたように思います。

突発的に始めたことなので、まだまだ至らぬ点はあるかと思いますが、
続けていくことが大切だと思っているので、試行錯誤しながら続けていきたいと思います。

今後は月に1回コワーキングのJellyを開いて、もう1回はワークショップもしくは遊びのイベントを開けたらと思っています。

ワークショップではいろんなジャンルに詳しい方を講師役でお招きして、
知識をシェアしていけたら面白いなと思っています。
ちょうど今、日本初のコワーキングスペース「カフーツ」でこのようなことが行われています。

ありがとうの家では地域に密着して、IT系にとらわれないイベントを開いていければと思っています。

今後の展開に乞うご期待ください!