Facebookのつながりだけで見知らぬ外国人と会ってきた

スポンサーリンク

神戸牛ステーキ

人とのつながりってすごいですね。
ゆるくてもいいんです。

今回、人のつながりのスゴさを改めて実感する出来事がありました。

以前、東京に行った時にたまたま出会って知り合いになった方からの紹介で、今まで会ったこともない外国人(アメリカ人)と会うことになり、面白そうなので、会ってきました。

東京に行った時の記事「東京の楽しい(?)夜のお話

きっかけはFacebook

今回のきっかけは東京に行った時に出会った方からの紹介でしたが、その方とFacebookでつながっていたので、その関係で私にメッセージをくれました。

最初メッセージを読んだ時はスパムかと一瞬疑いましたが、よく読んでみるとそうでもない様子でしたし、Facebookでつながっている方の名前があったので、あぁなるほど、となりました。

Facebook、すごいですね。1度きりの出会いでもこんなことになるんだから!

神戸牛ステーキを食べる

これからは実際に会ってからの話です。

アメリカ人の彼は24歳の若い青年でした。
その日今まで何も食べていなかったみたいで、ご飯は食べた?と聞いたら「まだ」とのことで、KOBE Beefが食べたいと言いました。

その日、会う前に私はFacebookに外国人と会うというニュアンスの投稿をしたら、「神戸牛のいい店を知っているから良かったらどうですか?」的なメッセージが来てて、なんてタイミングがいいんだろう!と思い、早速連絡。

そんなこんなのドタバタで3人で食事をすることに。
その神戸牛ステーキが一番上の写真です!

吉祥吉」というお店での食事です。外国人の子は「今まで食べた食事で一番美味しかった」とまで言っていました。私もかなり満足でした。

ゲームショップ街に行く

食事後は2人で観光に出掛けました。
とりあえず有名な南京町に連れて行ってみましたが、反応はイマイチ・・。

趣味は何?と聞いたら「TVゲームのタイムアタック」とまた謎な回答をしてくれたので、とりあえず三宮センター街の2階にあるレトロなゲームショップ街に連れて行ってみました。

そうすると反応が良くなり、日本語はファイナルファンタジー7の攻略本とゲームで勉強したという話をしてくれたり、友達がヨッシーアイランドの世界記録を持っているwというまた面白い話をし始めたり・・・なかなか濃いキャラでした。

要はTVゲーム好きな子ということです。

好みは人それぞれ

今回思ったのは、外国人であっても好みは人それぞれなんだということです。

当たり前のことですが、外国人を相手にしているとなかなか気付きにくいことだったりします。

ディープな趣味を持っている人は面白いです。
一緒にいたのは数時間だけでしたが、私にとっても貴重な経験となりました。