フィンランドの旅行ブロガー募集の件に応募してみた

スポンサーリンク

昨日、とんでもなく面白い話がFacebookでシェアされていましたね。

以下全文引用です。 

フィンランド政府観光局は、フィンランドの旅行ブログを書いてくださるブロガーの方を募集しています。出発は今年の7月22日から8月18日までの5つの期間を選択できます。訪問先は2つ、テーマは10つあり、以下の中からお好きな時期とテーマをお選び頂けます。
①7月22~27日 ヘルシンキの夏を楽しむ
②7月22~27日 アーキペラーゴ(群島)の歴史や文化に親しむ
③7月28~8月1日 ヘルシンキのライフスタイルを知る
④7月22~27日 アーキペラーゴ(群島)の食を楽しむ
⑤8月2~8日 ヘルシンキのデザイン、建築の造詣を深める
⑥8月2~8日 アーキペラーゴ(群島)でのアウトドア・アクティビティ
⑦8月7~12日 ヘルシンキで音楽に触れる(野外フェス)
⑧8月7~12日 アーキペラーゴ(群島)で思いっきりのんびりする
⑨8月13~18日 ヘルシンキで食と文化を堪能する
⑩8月13~18日 アーキペラーゴ(群島)でのアウトドア・アクティビティ

このブログトリップにかかる以下の費用はフィンランド政府観光局が負担します。 フィンランドまでの渡航費/フィンランド国内での電車賃、バス代、フェリー代などの交通費/宿泊費/施設の入場料などの旅行にかかる費用/食費(一部)

ご応募をご希望の方は募集要項の全てに目をよく通した上、info@matkatori.jp充てに明日(6月25日火曜日)午後2時までにご応募をお願いします。
審査の結果は7月1日にお知らせします。お願いをする方のみにご連絡をさせて頂きますので、ご了承ください。

応募条件
①1年以上続いている、有名なブログを持っていること、若しくはこれから有名になるポテンシャルを秘めたブログを持っていること(ブログのテーマは旅、ファッション、ライフスタイルなどどんなものでもOKです)。インターナショナルな読者がいると尚良し。
②英語でコミュニケーションが取れること(ご自身で行き先、訪問地などを決めて行動して頂くことがあるため)。
③ソーシャルメディアを頻繁に使い、フォロワーが多いこと。
④フィンランドの素敵なところを紹介してくれるハッピーブロガーであること。

我こそは!と思う方は、以下の内容をメールにてinfo@matkatori.jp充てに明日(6月25日火曜日)午後2時までにお送りください。
①お名前
②ブログのURL
③メールアドレス
④Facebook、Twitter、Instagram、Pinterest、YouTube、Google+などのソーシャルメディアを使っている方は、そのメディアとフォロワー数
⑤ブログの月間PV数
⑥ブログのメインテーマ
(旅行、食、アート〔デザイン、建築、ファッションを含む〕、ライフスタイル、スローライフ、アウトドア、写真、その他から選択)
⑦希望の時期とテーマを上記の①~⑩の中から選んでください
⑧あなたのセールスポイントを教えてください【英語、500文字以内】
⑨どの空港からの出発、帰国の空港を希望しますか
⑩その他の追加事項【英語】
⑪一人で行きますか、それとも他のブロガーと行きますか?
もし他のブロガーと行く方は、そのブロガーのブログのURLを教えてください

ご注意
・保険などはご自身でご手配ください。
・このブログトリップに係わる著作権所有はフィンランド政府観光局にあります。
・ご不明点、ご質問などございましたらinfo@matkatori.jpまでお問い合わせをお願いします。(但し、フィンランド政府観光局は本日お休みのため、メールのチェックが遅くなる場合がありますのでご了承ください)
・Twitter、Facebookでのご質問はご遠慮ください。
皆様のご応募お待ちしております!

要点をまとめると、フィンランドの旅行ブログを書いて欲しいとのことです。その代わりに旅行の費用は負担するとのこと。

これ、すごくないですか?早速応募しました。応募条件に完全に当てはまっていないとは思いましたが、応募しなくちゃ話が始まらないので、突撃です。

Finland Grunge Flag
Finland Grunge Flag / Free Grunge Textures – www.freestock.ca

厳しそうな応募条件

上記に応募条件が書いてあるのですが、どれもなかなかハードルが高いです。一つ一つ見ていきましょう。

 

①1年以上続いている、有名なブログを持っていること、若しくはこれから有名になるポテンシャルを秘めたブログを持っていること

このブログは2010年8月に始めたので、1年以上という条件は満たしています。有名なブログ、これはイマイチ基準がわかりませんが、プロブロガーさんなどと比較すると、有名とは言えないでしょう。

「若しくはこれから有名になるポテンシャルを秘めたブログ」、これは自分がそう思い込むかどうかですよね。私は自分のブログが好きなので、有名になるポテンシャルがあると思っています。

【電子書籍】Kindle書籍の売上でかかるアメリカ所得税を回避する手順」という記事が突如はてブでバズったり、「身に覚えのないGoogle AdSenseのアカウント停止から復活までの道のり」という記事がイケダハヤトさんの記事の中で紹介されたり・・・ときっかけ次第では有名ブログになれるではないかと思ってます。超楽観的です。

 

②英語でコミュニケーションが取れること

これは大丈夫です。英語ペラペラではないですけど、カウチサーフィンで外国人を30回以上も受け入れて、いつも英語で会話しているので、まあ何とかなるでしょ。と思ってます。

カウチサーフィンの経験とか、他の人にはない特徴なので、かなりアドバンテージがある気がします。

Facebookページを見る限り、ここで断念している人が多いようでした。

 

③ソーシャルメディアを頻繁に使い、フォロワーが多いこと。

ソーシャルメディアは頻繁に使っています。私の場合は特にFacebookをアクティブに利用しています。最近はTwitterの使い方も少しずつ理解できてきたので、積極的に使うようにしています。

特にFacebookは投稿内容にかなり気を遣っています。参考記事:「全Facebookユーザー必見!数多くいいねをもらう11の戦略

フォロワー数は多くはないと思います。でも、少なくもないと思います。自分でこんなことを言うのもアレですが、自分の投稿に対するフォロワーの反応率は結構高いと思っています。上記のように意識して投稿しているからです。

 

④フィンランドの素敵なところを紹介してくれるハッピーブロガーであること。

ハッピーブロガーという定義がよく分からないですが、記事を書く時は素敵なところを紹介することを心掛けています。紹介記事は結構な頻度で書いているので、これは条件を満たしていると思いました。

 

当たるといいなぁ

完全には満たしているとは言えないけど、超前向きに解釈して応募しました。

150〜200人もの人が応募したようです。当選確率はかなり低いでしょうが、なぜか当たる気がしています。直感です。

この募集を見た時に、今まで自分が取り組んできたことやこれからやってみたいと思っていたことと全てつながっていたので、なんとなく運命めいたものを感じます。

とは言え、当たるかどうかは時の運。当たることを願いつつ、いつも通りの生活を送っていきたいと思います。