十三コワーキング&家族ラボでの出会い

スポンサーリンク

フリーランスの人は一人で仕事をするため、孤独になりがちです。
子育てのお母さんも旦那さんは仕事に出掛けているため、孤独になりがちです。

こういった環境の違いにより家族間のコミュニケーションが希薄になっていきがちです。

私自身も家族との時間を増やしたいと思ってフリーになったのですが、
時間給でお金がもらえる訳ではないので、どうしても仕事をしないといけないと思ってしまいます。
実際今も外への仕事、食事、お風呂、睡眠、家族との会話、ヒッポファミリークラブ以外は
常に頭の中は仕事モードです。
遊ぶことを完全に忘れ、遊びって何?状態になっています。

そんな状況を打破しようと思い、いろいろな場所に積極的に顔を出すように心がけています。

そこで参加したのがタイトルの「十三コワーキング&家族ラボ」だったという訳です。

コワーキングとは?

Wikipediaより抜粋

コワーキング(Coworking)とは、事務所スペース、会議室、打ち合わせスペースなどを共有しながら独立した仕事を行う共働ワークスタイルを指す。一般的なオフィス環境とは異なり、コワーキングを行う人々は同一の団体には雇われていないことが多い。[1]通常、在宅勤務を行う専門職従事者や起業家、フリーランス、出張が多い職に就く者など、比較的孤立した環境で働くことになる人が興味を持つことが多い。

もともとはアメリカでこういった働き方があったのですが、
最近日本でもじわじわと広がってきています。

フリーランスの人たちが集まることによって、化学反応を起こして新たな仕組みを生み出すこともあります。
音楽アーティストが他のアーティストとコラボレーションして新しい曲を作るのと同じ感じです。

フリーランスの人はアイデアが豊富だったり技術力が高い人が多いです。私はどうだろうか・・・
そんな人たちが集まったら面白いですよね!

実際十三コワーキングで会った人たちは個性的で、高い技術を持っていました。

また参加して今後の仕事につながっていけばいいな。
飛び込む形でフリーになったけども、こういう場があればなんとか食べていける気がしてきますね。不思議。

家族ラボとは?

十三コワーキングで月に1回開催しているイベント。

ホームページより抜粋

コンセプトは「家族が集まり、それぞれの家族を助け合う」。

ここでいう「ワーク」とは「家事・育児・仕事」全てを表し、専業・兼業・シングルマザー/ファーザー・独身や子どもいない人・妊婦さんなど関係なく、日ごろの悩みやおすすめ情報の交換・ よりよい地域での家族の在り方を研究していきます。

3.11があったり、ノマドスタイルがどうこう言われていますが、
家族というのは人類が続く限りは不変です。

ライフスタイルが多様化する中で家族との関係が薄くなるのは、私自身はよくないと思います。
家族あっての「自分」ですからね。

家族ラボのいいところはお母さんの子育てサークルとは違って、
家族同士での交流ができることです。

お母さん同士が仲良くなるのも素敵なことですが、
家族間の関係にはそれほど影響しないと思います。

家族ラボだと家族ごとの交流になるので、家族間で新たな一面を見れたり、
お互いの家族の事情を知ることができて、余計な悩みも減ると思います。

感想など

仕事ももちろん大切ですが、何よりも大切なのは家族ではないでしょうか?
家族があるから生活、仕事ができるのであって、逆ではないですよね。

私自身もどうしても仕事(お金稼ぎ)をしないといけないと思ってしまいます。
こういった自分に警鐘を鳴らす意味でも、ライフスタイルについてはこのブログの重要なテーマとして更新していきたいです。

コワーキングもフリーランスの不自然さを解消してくれます。
一人で仕事をしたい時は一人ですればいいし、
孤独になったり新たな刺激が欲しい時はコワーキングに参加すればいい。

 

「自然に生きる」

 

がこれからの重要なテーマじゃないでしょうか。