独断と偏見で選ぶ、私が知る「夏に聴きたい名曲」まとめ #summersong

スポンサーリンク

いや〜、暑いですね。夏です。個人的には暑すぎるのが苦手で夏はあまり好きではないです。とはいえ、夏だからこそ聞きたくなる曲もあるんですよね。

1年前に構想だけあって、実現に至ってなかった、自分の中で「夏に聴きたい曲」をまとめました。

夏の大三角形(NICO Touches the Walls)

一番夏っぽいな〜と思う曲をまず紹介します。この記事のヒントにもなったNICO Touches the Walls(ニコタッチズザウォールズ)の「夏の大三角形」という曲です。

爽やかな夏という感じの曲です。2012年の曲です。

陽炎(フジファブリック)

フジファブリックの名曲の1つ。この曲を聞いて、自分の子供の頃を思い出す人もいるのでは?特に田舎で過ごした人ほど、当時の情景がフラッシュバックすると思います。

2004年の曲。もう10年前なのか・・・。

フジファブリックは、夏に合う曲が他にもいっぱいありますが、1曲上げるなら陽炎を選びます。

他にパッと思い付くのであれば「Surfer King」「NAGISAにて」「TAIFU」「線香花火」とかがあります。

 

参考:フジファブリック”FAB STEP”ツアー参加レポート

Electric Summer (Base Ball Bear)

Base Ball Bear(ベースボールベアー)の初期の代表曲。リアルタイムで聴いてたので、今も夏といえば、この曲を思い出しますね。あんまり夏っぽさはないような気もしなくはないです。

2006年の曲。私はこの年から働き始めたので、その点でも印象に残っています。

 

Butterfly Swimmer (school food punishment)

解散してしまったのが悔やまれるschool food punishmentの代表曲。名曲だと思います。2009年の曲。

夏の匂い(LUNKHEAD)

LUNKHEAD(ランクヘッド)の名曲。カルビー「夏ポテト」のCMにもなってたそうです。夏の終わりに聞くとしんみりする曲です。

2006年の曲。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm367285

ミュージック・アワー(ポルノグラフィティ)

特別にファンという訳ではないですが、夏の曲のイメージが強いので、ミュージック・アワーを。2000年の曲ですか〜。この頃は高校生でした。

Sadistic Summer(凛として時雨)

夏の爽やかさをいきなりズタズタに切り裂くような曲。この曲も2005年なんですね。最近のように感じてましたが、もうそんなに時間が経ってたとは。

Triptych(SIAM SHADE)

夏っぽいかどうか分からないですが、運動会とかスポーツ関係のイベントでこの曲が流れたら確実にテンション上がります。2000年の曲です。

夜の海 遠い出会いに(Salyu)

タイトル通り、夜の海で聴きたいですね。あまり有名な曲ではないですけど、名曲だと思います。2006年の曲。

夏の日、残像(ASIAN KUNG-FU GENERATION)

アジカンの1stアルバムからこの曲を。「夏の日、残像」から「無限グライダー」の流れが好きですね。2003年の曲。

好きな曲はありましたか?

ここで紹介したのは、私が聴いたことある曲です。他にも夏の曲があるとは思いますが、私の知る限りではこんな感じです。

もし、興味をもっていただければ幸いです。他の方が思う夏の曲も知りたいですね〜。