2冊目の電子書籍「カウチサーフィン受け入れ体験記 2013年上半期版」を発売するまでの経緯

スポンサーリンク

1冊目の電子書籍を発売してから5ヶ月後。新しい電子書籍を発売しました。

テーマは1冊目と同じく、カウチサーフィンです。

タイトルは「カウチサーフィン受け入れ体験記 2013年上半期版 〜ホストは夫婦と小さな子どもの3人家族〜」です。

今回は2013年1〜6月の間に受け入れした全19回の体験をまとめた本です。

 

内容についての紹介

体験談だけをまとめた本が今回の本です。

このブログでもほぼ毎回、受け入れが終わったあとはその時に感じたことを書いていますが、そこには書ききれていないこともありました。

この本にはそんな内容も含めて、表裏も全て含めて書いています。いいことも悪いことも19回も受け入れしていれば色々とあるものです。ブログには書けなかった裏話が気になるという方はぜひ読んでいただければと思います。

 

制作期間中の話 

この本を書き始めようと思ったきっかけは些細な事です。ちょうど2013年も折り返しに入ったので、ここらで体験談をまとめておこうという単純な理由です。あと、「Social Book Generation ~リアルな本の「リブライズ」と電子書籍の「BookPress」が見つめる本の未来とは~」のイベントに参加したことが大きかったですね。もう一度書こうと思うきっかけになりました。

書き始めたのは2013年7月初め頃です。自分の書いたブログ記事を読み返し、ゲストのことを思い出しながら文章を書いていました。

体験談をまとめる。と決めて、書き始めてから文章の完成までは10日ほどでした。書いている時はなかなか大変でしたが、それほど時間はかかっていません。

さすがに2013年初め頃の話とか、ブログに書いてなかった受け入れの話とかは、文章を書くのが大変でした。長い文章でなくてもいいから、ブログに残しておくのは本当に大事だと痛感させられましたよ・・・。

 

 

表紙も自分で作ってみた

 

文章が完成して、校正を終えたあとは、表紙です。

今回も前回同様、最初は誰かにお願いしようと思ったのですが、表紙制作費を回収できる気がしないので、やめることにします。

自分のデザイン力を少しでも高めるために、今回は自分で作ることにしました。

写真を使い、あとは文字入れをしただけのシンプルな表紙です。ゲストと仲良くしている雰囲気は伝えることができたかと思うのですが、いかがでしょうか?

自分でやってみると、デザイナーの偉大さがよく分かります。全くの無知なので、ちょっとした加工もかなり難しく感じました。プログラムとコンテンツ作りはそこそこできるので、あとは最低限のデザインができれば・・・といつも思ってます。

ちなみに画像の加工に使ったのは、Web上で加工ができるiPiccyとMacアプリのSkitchです。

Skitch App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料

今後どうするのか?

2013年、2冊目の電子書籍を出すことができました。

カウチサーフィンに関する電子書籍はひとまずは、これで終わりにします。7月以降はカウチサーフィンの受け入れをしてなくて、airbnbに切り替えています。

airbnbでの体験が積み重なれば、airbnbの本も出すかもしれませんが、まだまだ先の話となりそうです。

今後も電子書籍の執筆は続けていくつもりですよ。次は自分自身のフリーランス体験記とか、節約に関する話とか、よりニーズがあり書きやすそうなテーマにするつもりです。

いつになるか分かりませんが、全世界をターゲットに英語で本を書いてリリースすることも考えています。アイデアはあるので、あとは自分が動くかどうかだけです^^;英文を書くとすればかなり時間が掛かりそうだなぁ。

カウチサーフィン体験記本をよろしくお願いします!

色々と電子書籍の執筆や販売の方針に関して思うことはありますが、まずは「カウチサーフィン受け入れ体験記 2013年上半期版 〜ホストは夫婦と小さな子どもの3人家族〜」を1人でも多くの人に読んでいただければと思っています。

興味のある方はもちろん、そうでない方も私へのお布施だと思って読んでいただければ嬉しいです!

iPhone、Android、iPad、Nexus 7などの端末でもKindleアプリ(無料)をダウンロードすれば読むことができます。
参考:意外に知らない!?Kindle本がスマートフォンで読める件