[WordPress]記事下に自分のプロフィールを入れるプラグイン「Fancier Author Box」

スポンサーリンク

個人レベルではなかなかないと想いますが、
複数人でブログの運営をするケースが組織の場合は結構多いと思います。

その場合、誰がどの記事を書いたかがわかる方がいいですよね。

WordPressでは「Fancier Author Box」というプラグインを使えば実現可能です。

自己紹介

Fancier Author Boxを使うとこんな感じに

全Facebookユーザー必見 数多くいいねをもらう11の戦略 | ココロザシのネットショップ運営テクニック集

Fancier Author Boxプラグインと入れると記事下にこんな感じでプロフィールを表示できます。

実際のページ

このプロフィールの入力データは
「ユーザー」→「ユーザー一覧」→「自分の名前」
から編集できます。

こんな感じですね。

ユーザーの編集  ココロザシのネットショップ運営テクニック集  WordPress

カスタマイズ方法

実はインストールしただけでは「この記事を書いた人」や「最近の記事」とは表示されていません。

英語で書かれています。これを日本語でわかりやすく直します。

メニューから「プラグイン」→「プラグイン編集」を選択します。
右上のプラグイン名を選択できるボックスがあるので、Fancier Author Boxを選びます。

「fancier-author-box/includes/ts-fab-construct-tabs.php」というファイルがあるので、それをクリックします。

ソースファイルが出てきます。

</p>
<p>// Construct tabs list $ts_fab .= '</p>
<ul class="ts-fab-list">';</ul>
<p>$ts_fab .= '</p>
<ul>
<li class="ts-fab-bio-link"><a href="#ts-fab-bio-' . $context . '">' . __( 'Bio', 'ts-fab' ) . '</a></li>
</ul>
<p>';</p>
<p> </p>
<p>$ts_fab .= '</p>
<ul>
<li class="ts-fab-latest-posts-link"><a href="#ts-fab-latest-posts-' . $context . '">' . __( 'Latest Posts', 'ts-fab' ) . '</a></li>
</ul>
<p>';</p>
<p> </p>
<p>$ts_fab .= ''; 

上の表記があるはずなので、「Bio」・「Latest Posts」の部分をそれぞれ日本語に書き換えると日本語表示されます。

それほど難しくはないので、ぜひ試してみてください!