1ヶ月ぶりのカウチサーフィン。3回目のシンガポール人受け入れ

スポンサーリンク

2013/5/29〜31にかけて、カウチサーフィンでシンガポールから来た女性2人組のゲストを受け入れました。シンガポールのゲストはこれで3回目です。

過去2回はこちら
カウチサーフィンでシンガポール人を受け入れしました
CouchSurfing(カウチサーフィン)を使って連日の外国人受け入れで感じたこと

2013年に入ってから月5回ぐらいのペースで受け入れしていましたが、最近はペースを落としています。そのため、これが5月初めての受け入れでした。

久しぶりに受け入れすると、いつも以上に新鮮な気持ちになりました。それと同時に、1ヶ月間英語を使わなかったことで、英語力の低下を実感しました。

 

写真で振り返るカウチサーフィン受け入れ

夕食

2日目の夕食です。グリーンカレーとチキンとサラダと豆腐です。

妻が作ったものですが、ゲストはめっちゃ喜んでくれたみたいで良かったです。

 

ビアードパパのシュークリーム

ゲストがお昼に観光に出掛けてた時に、ビアードパパのシュークリームを買って来てくれました。さり気ない心遣いが嬉しいですね。

 

ゲストと子供

タブレットで遊ぶ息子とゲスト。最初はゲストを怖がっていたけど、すっかり慣れて仲良くなりました。

日本語を一緒に勉強していました。

 

シンガポールのゲストとの写真

記念写真をパシャリ。いい写真が撮れました。

 

受け入れの感想

久しぶりの受け入れで、いつもよりも緊張感がありました。あと、自分の話題の引き出しが少なすぎて、何を話すのかも困りました。

そこは子供と妻がフォローしてくれたおかげで、いい時間になったと思います。特に子供は環境に慣れるのが早く、いつも和ませてくれます。多分、自分ひとりだけだとカウチサーフィンの受け入れはできないでしょう。

英語ができるかどうかよりも、話を引き出したり、恥ずかしがらずに話をしてみることの方が大事だと、今回改めて思いました。カウチサーフィンをするたびに、毎回人生について勉強させてもらっています。

いろんな人の価値観に触れるのは、貴重な経験です。

これからも、マイペースでカウチサーフィンを続けていくつもりです。