日本に住むポーランド人と日本人の夫婦をカウチサーフィンで受け入れた話

スポンサーリンク

カウチサーフィンの評価が10を超えたので、最近はやたらとリクエストが届きます。

2月も何度か受け入れすることになりそう・・・。

その2月最初の受け入れはポーランド人と日本人の夫婦でした。
カウチサーフィンで日本人を受け入れたのは初めてです。

その夫婦は栃木の宇都宮に住んでいるそうです。

今回、写真を撮るのを忘れてしまったので、文字だけで様子をお伝えしていきます。

 

日本語が使える安心感

日本人がいれば、当然日本語が使えます。
日本語が使えるとやっぱり安心できます。英語での会話だと全てを理解できないので、日本語に翻訳してくれて会話するとすごく話しやすかったです。

 

新婚さんいらっしゃいの感覚

今回来られた夫婦はまだ結婚して数ヶ月の新婚さん。
掘りごたつを挟んでお互いのやりとりを見ていると、なんだか微笑ましい気持ちになりました。

ポーランドと日本、国際結婚だからこその悲喜こもごもが面白くて、まるで新婚さんいらっしゃいの司会者側になった気分でした。

 

日本にもカウチサーフィンつながりができた!

カウチサーフィンで受け入れるのは外国に住んでいる方ばかりでした。
今回日本に住んでいる方を受けいれたことによって日本にもつながりができました。

栃木に来た時は泊まっていってくださいと言ってもらえたので、日本にも気軽に行ける場所が一つ増えました。

カウチサーフィンで来てくれた方を訪ねて旅をするという夢に、また一歩近付きました。