住み開きを始めて2年経過!ありがとうの家2周年感謝祭を開催しました

スポンサーリンク

2013/12/15に、住み開きを始めてから2年が経ったので、それを記念するイベントを開催しました。

新築の今の家に引っ越してから1ヶ月後に住み開きを始めたので、住み始めてからほとんどの期間で住み開きしていることになります。

今回のイベントは10月以来(ブログ・サイトの道すじを一緒に考える会)で、自分の感覚ではかなり久しぶりでした。ほぼ毎月1回以上は何かしらイベントをしているからでしょう。

2周年記念となった今回のイベントは午前10時から無料開放するという試みをしました。こんな早い時間から家を開けるのは初めてでした。 

この日来て下さったのは、3家族で合計6人でした。ありがとうございます!

午前中の様子

午前中は小さいお子さんのいる家族と、近くに住んでいて、コワーキングスペース「coloco」の会員の方が来られました。

午前中からお菓子がたくさん並んで、朝からパーティーしているような気分で過ごすことができました。

一日中食べることばかり考えている息子は、食欲の限りお菓子を頬張っていました。

掘りごたつを囲んでワイワイする様子

午後の様子

午後になると、人も入れ替わります。子ども連れの家族は別の用事のために家をあとにし、また別の夫婦がやってきます。

昼から来られた夫婦には、去年から定期的に家に遊びに来て下さってて、とても感謝しています。旦那さんは「おもいやりマシーン」というブログを運営しています。

奥さんは今回なんとこのイベントのためにケーキを作ってくださいました!信じられない!ここまでしていただける・思っていただけるという、そのことが本当にありがたいことです。

この写真は個人的に何度も見返したいです。

ありがとうの家2周年のケーキ!

なぜかその後は流れで私がケーキ入刀することになり、結婚式のことを思い出しました。

細かく切ったケーキはこちらです。スポンジケーキに生クリーム・ココアパウダー・フルーツがたっぷり乗っています。美味しかったですよ〜!

ケーキはとても美味しかったです

 

ありがとうの家では、いろんな方が集まるのですが、初対面同士の方がいることがあります。家の中で名刺交換する様子を初めて撮影できました。

ありがとうの家だと、掘りごたつの机を囲むだけなので、初めての人同士でも会話が弾みやすいです。私自身、コミュニケーションが苦手なのですが、この場所だと初めての方ともそこそこ話すことができます。

初対面同士では名刺交換も

 

この日は食材持ち寄りの日だったので、晩御飯をみんなで食べることになります。メインは唐々鍋(からからなべ)。

姫路周辺ではポピュラーな鍋らしいですが、神戸人の私は全く知りませんでした。

食事中の様子

唐々鍋と蒸し野菜。

唐々鍋 

パクチーとガーリックを混ぜたソースもあります。

蒸し野菜とパクチーソース

唐々鍋は名前の通りとても辛かったです。汗をかくので、タオルやハンカチがいります。蒸し野菜もそのまま食べても美味しいし、パクチーソースをつけても美味しかったです。素材の味がいいですね。

 

この日のありがとうの家は珍しく男性陣が皆パソコンで仕事をしている時間が長かったです。まるでコワーキング。

ありがとうの家は初期の頃、不定期のコワーキングスペースにすることを考えていました。今回みんなで仕事しても普通に成り立ったので、断念していたコワーキングスペース化も考えてもいいかも、と思えました。

この日来られた方が、後日行うプレゼン資料を作ってて、即興でプレゼンしてくださいました。15分ほどみんな真剣に耳を傾けて、話を聞いていました。

話の内容に引き込まれて、とても面白かったですよ。家の中で作った資料で面白い内容のプレゼンをしてくれて、とても嬉しかったです。

プレゼンではないけど、似たようなことをイベントにしてみるのも面白いかも、と思ったので、2014年以降そんなイベントを企画するかもしれません。

即興のプレゼン会

ありがとうの家のこれから

ゆる〜く、深く考えずに2年間定期的に住み開きをしてきました。

自分の家にいろんな方が集まって、そこで交流が生まれるのは、見ててすごく嬉しいです。

これからも肩肘張らずに細々と続けていくつもりです。ただ、もう少し家を開く頻度を増やして、もう少し人の流れがあるようにしていきたいと思います。

都会のコワーキングスペースや、住み開きしている家に比べて圧倒的にアクセスが良くない中でも、こうやって続けてこれたことは誇りにしたいです。(コストゼロだから続けれる)

家でイベントをしているので、基本的にゆるいです。小さく何か初めてみたい、チャレンジしてみたいという方にとっては精神的なハードルが低くできると思うので、何かあれば、企画の持ち込み大歓迎です!

たいていは私一人でイベントを企画しているので、偏りも出てしまいます。私以外のアイデアがありがとうの家に入ってくれば、面白いことになると思います。

ありがとうの家だけではなく、元気がないと感じている神戸市北区を盛り上げていけるようにしたいですね。ありがとうの家がそのうちの1つになればいいな〜。