Facebookをきっかけに人と人をつなげた話

スポンサーリンク

Facebookをリアルにつなげると面白いとつくづく思います。

この記事を書いている昨日、以前学校に仕事に行っていた時の教え子(?)とヒッポファミリークラブをしていた時に仲良くなった子と会ってきました。

この2人が対面するのはなんと初めて!です。目的はちょっとした進路相談でした。

カフェラテ

留学の話を聞く

教え子は外国に興味があり、会話が必要となる仕事に就きたいとのことです。
その話は私がまだ学校に働きに行ってた時から聞いていて、なんとか引きあわせてあげたいとずっと思っていました。

学校の仕事が終わってからそれっきりでしたが、Facebookでつながったことをきっかけに1年越しにようやく実現させることができました。

相手の子は1年前に留学していました。しかも教え子の気になる言語が留学してた子の母国語と全く同じです。これは引きあわせるしかないですよね。

最初はお互いに緊張していました(僕も)が、話が始まると止まらなくなり、貴重な話が聞けたと思います。

 

年下であっても学ぶべきことばかり

今回すごいと思ったのは、会った2人ともがすごくしっかりしてることと、芯を持ってることでした。

留学して言葉を話せるようになるためにしたこと、大人でも出来る人少ないよなぁ・・・と思いました。

教え子も僕からの誘いをしっかり受けてくれて、実際に行動に移した。
高校生でここまでしっかり考えて、しかも行動に移せるってすごいです。

行動に移さなかったら留学の話を聞けることもなかったので、先生に相談するよりもきっと参考になったと思います。

 

自分が高校生の時ってここまで将来のことをしっかり考えていませんでした。そのことを思うと、すごいです。学ぶべきところが多かったです。