やめることで状況が好転した3つのこと

スポンサーリンク

Corbis 42 34958604

私は今、楽しく日々を過ごしています。

仕事がいっぱいあるわけでもないし、客観的に見たらどうなの?というところも多々あると思います。

まあ、でもいいんじゃない?という感じです。

そんな感じになるまでにはいろいろと悩んだりしました。
でも3つのある習慣をやめてから、なんとなく自分の状況が好転してきたような気がしています。

それを今回、紹介いたします。

1.マイナス思考をやめる

フリーになる前の私はかなりのマイナス思考でした。
今思えば、何でも悪い方向に考えてしまっていたと思います。

マイナス思考でいるとそのマイナス思考が現実になったりします。

いろいろな本を読んでいくうちに、どうせなら楽しく前向きなことを考えた方がいいや、という考えになりました。

マイナス思考をやめて物事を前向きに考えるようになると、いつもの日常が楽しくなってきました。前向きになると前向きな人と出会えるようになり、ますます前向きになる。いいサイクルが生まれています。

私が思い出すのは中学生の時が超マイナス思考で、高校になったら変わろうと思い、プラス思考に変えたことです。この時もそれだけで状況が好転して、楽しい高校生活を送れたと思います。

2.テレビを見ることをやめる

もともとそれほど見なかったテレビですが、新しい家に引越す時はアンテナ工事をしませんでした。だからテレビは映りませんw

全てではないけど、テレビってネガティブな情報しか流れてこない印象です。自分で選択すればいいじゃないか!という声があるかもしれませんが、そもそものテレビの必要性を感じないので、もうやめました。

見なくても全く問題ありません。

3.「増やす」ことをやめる

上のテレビにもつながることですが、モノやお金がどんどん増えればいい、という考え方をやめました。

モノも本当に必要なモノってそれほど多くありません。
お金も最低限生活するのに必要な額がどれだけか、というのがわかるだけで相当気が楽になります。

何でもかんでも求めようとするからしんどくなります。
私はそれをやめました。

まとめ

世の中何でも増やせばいいというものではないことになんとなく気付いてきたことで、自分の考え方が変わりました。いかに減らすかが大切なのではないか、最近はそう思っています。