32歳になりました。1年間何してたのか、次の1年の抱負とか考えてみた

スポンサーリンク

2015年9月6日で、32歳になりました。
ついこないだまで20代だと思っていたのに、もう32歳ですよ!

あんまり早いとは思いたくないのですが、時間の流れの早さを感じずにはいられません。

31歳の1年間、何してた?

32歳になったことで、31歳だった1年間で何をしてたのかを改めて振り返ってみましょう。

うちは、娘の誕生日が9月5日で1日違いなんですよね。
去年、31歳になった時は、娘が産まれた次の日だったので、自分の誕生日のことを考えることもなかったと思います。

参考:2人目の子供誕生!妊娠が分かってから産まれるまでの旦那が考えてたこと

そんな感じで始まった31歳で、しばらくは家事もいろいろ手伝ってたかな・・・。

息子の保育園のお迎えはしばらく担当していました。

当初は2人目の子供が産まれることで仕事のペースが落ちるかと思っていましたが、実際のところはそんなに変わっていないと思います。

続けることで、成長もしてきますので、ペース的にはますます増えているような気さえするほど。

31歳になった頃から、自分ひとりで仕事を完結できることが減ってきて、周りの方と一緒に仕事をする機会が増えてきたように思います。

年齢に応じて仕事のステージは変えていかないといけないと思っているので、自然な流れになっているのかな〜と思いつつも、これでいいのかという疑問は常にありますけどね。

人と仕事することで、自分自身の至らなさも感じるし、ありがたみも感じます。

知らないことも多く、勉強させていただいてる感じですね。
ホントありがたい限りです。

傍目から見たら、やってる仕事の内容はそんなに変わってないように見えると思いますが、人の関わり方などを考えると、大きく変化した1年のように思います。

あと、常に小さなチャレンジができていたのは良かったですね。

インタビュー・取材イベント開催などはこの1年で初めて試みたことです。

逆に、この1年あまりできていなかったのは、長年続けてきていた住み開きや外国人受け入れですね。

特に外国人受け入れはこの1年は0件で、すっかり英語を使う機会も減ってしまいました。

台湾に旅行した時に使ったぐらいですね〜。

32歳の抱負的なもの

32歳になったということで、この1年で何ができるかな〜とちょっと考えてみました。

年齢に関係なくずっと考えているのが、人として面白いか、信頼できる人間であるかどうか。

今後の人生をより楽しく、豊かなものにしていこうと思ったら、やっぱり人としての魅力を磨いていくしかないと思えます。

1日2日で何かが変わるわけでもないので、自分の行動1つ1つが将来的にためになるのか、人の役に立つのか、そういうことをより考えていけるようにできればいいですね。

まだまだ未熟なところがありますが、32歳という年齢もあるし、よりしっかりしていかないといけないな〜と思います。

いつも思っていることですが、やっぱり地道に1つ1つ積み重ねていくしかないと感じますね。

ということで、32歳の松本もどうぞよろしくお願いします!