プロブロガー本2で気付いた、自分のブロガーとしての弱点

スポンサーリンク

ブログを運営していると、常に気になるのがアクセスアップのこと。
気にしすぎても仕方ないことぐらい分かっているのについつい気になります。

せっかく書いているブログ、1人でも多くの人に読んでもらいたいのは自然な思いです。

そんなブログのアクセスに対する悩みの処方箋になるかもしれないと思い、2013/8/9に発売されたプロブロガー本の第2弾となる本を読みました。

2人の執筆スタイルの違いが垣間見える

この本はコグレマサトさん、するぷさんの共著です。

2人の執筆スタイルの違いが、読んでいて印象に残りました。どちらが正しいとか間違ってるとかはもちろんなくて、それぞれのスタイルがあるということです。

細かいところは違っても、ブログに対する熱量は二人ともすごいと思いました。

 

テクニックは基本的なことがほとんど、初心者向け

タイトルにもあるように、この本では、アクセスアップにつながるであろうテクニックについての記載が大半をしめています。

一部心構え的なこともあって、個人的にはそこが一番参考になりました。

テクニック部分は、8割ぐらいは既に実践しているか、知ってることでした。一部知らないこともあったので、それが知れたのは良かったです。

アクセス解析の訪問別ページビュー1.5がブロガーの壁というのは初めて知りました。過去数カ月分振り返ったらこのブログも1.5前後でした。1.5ってめっちゃ低すぎてダメダメだと思ってたんですが、そんなもんなんでしょうか。

もう一つ運営している節約ブログの訪問別ページビューは悪くても2.2なので、いつもそれを基準にしていました。

 

自分に足りないのはブロガーとのつながり

この本を読んで自分自身に決定的に足りないと思ったのは、ブロガーとのつながりです。

多分ゼロではないですが、親友のように深いつながりがある方はいません。

今後大切になるのは、個人の魅力だと思っています。今の自分はまだまだ魅力が足りないのでしょう・・・。

 

ブロガー仲間を増やしたい

個人的にブロガーが多いのは東京のイメージがあります。面白そうなイベントがあってもほとんど東京。

自分が住んでいる神戸や関西で、ブロガーの仲間が増やせていければいいな〜と思います。

普段あまり話さない私ですが、ブログのことなら何時間でも話せるし話したいです。今後は狭いエリアでもいいのでブロガーのコミュニティを作っていきたいですね。

ブログは地域の面白さや、人の良さ・面白さを発信することができるツールです。個人的に大都市で大きく盛り上がるよりも小さなコミュニティをいくつも作って、情報発信していきたいです。

 

結局あまり本の紹介になってないですね^^; この本と前回のプロブロガー本の2冊を読めば、ブログに関する知識はかなり身につきます。

私自身、知っていることが多かったですが、その知識を身に付けるのに3年近くかかっています。それが本2冊を読む時間だけで習得できるなら安すぎるぐらいです・・・。読んで知識を得たら、実践あるのみです。ブログを書くのは楽しいですよ!