京都の本格コワーキングスペース、小脇に行って来ました。

スポンサーリンク

先日、初めて京都のコワーキングスペース、小脇に行って来ました。

いつかは行きたいと思いつつも、遠くてなかなか行けずじまいでした。

それがようやく実現となったわけです。

それでは私なりの小脇体験レポートをどうぞ。

休憩室と仕事場所が分かれている

コワーキングに行くと周りの方とのコミュニケーションを重視したいので、仕事を持っていってもなかなかできずに帰るということがよくあります。

今回行った小脇では休憩室と仕事場所が分かれていたことで、
気持ちの切り替えがしやすかったです。

普通の職場が少しゆるくなった感じの雰囲気でした。

長い時間仕事はできなかったけど、仕事をした時間は集中して作業ができました。

 

休憩室にいた時間で、名刺交換やお互いの自己紹介をしたり、仕事の話をしたり。

休憩室だから、頭が休憩モードになっていて、より会話に集中できた感じでした。
私の場合は目の前にパソコンがあるとやっぱり仕事が気になります。

 

サラリーマンを思い出しつつも、新鮮

普通の職場のような雰囲気もありつつ、いろいろな方との新しい出会いがある。
これがco-workingだよね、と思いつつ、
自分の家の開放イベントでどう活かすかを考えさせられました。