子育て記録雑記1 誕生~生後1ヶ月半

スポンサーリンク

我が家に6月1日、子供が産まれました

それ以来、我が家の生活は子供が中心です。
子育て関連の記事を書こう書こうと思っていましたが、月日が流れ、ようやく今書いています。
これが第1回ですね。

子供が産まれるとやはり生活、気持ちの両面で変化がありますね。

1.産まれた直後から2週間目ぐらいまで

この頃はまだあまり実感がなく、世話をしていてもちんぷんかんぷんな感じでした。
ヒッポファミリークラブでの仲間が子供に会いに来てくれたのが嬉しかったですね。

実感がないとはいえ、行政への手続きは産まれた日に全て済ませました。
我ながら、良くも悪くもこういうことだけはちゃっかりしてますw

2.2週間目から1カ月ぐらいまで

おむつ交換にも慣れて、沐浴を自分でやるようになってきた頃です。
間違ってお風呂に沈めてしまわないかドキドキしながらの作業です。
沐浴は丁寧にしてあげればそんなに難しくありません。

子供は少しものが見えるようになってきたのか、2つの絵を1つずつ見せてから
「○○はどっち?」というクイズを出したら、正解の方に目をやったり、叩いてきたりするようになりました。

ものすごい成長の早さ!

体を支えて立たせてみると、足を前に出したりジャンプしたりします。
赤ちゃんは生まれながらに歩く能力を持っているのですね。
ふくらはぎの筋肉が日々大きくなっているのがわかります。

また、初めて外出したのもこの頃です。
注文住宅のキッチンを選ぶためにショールームに行きました。
3時間外出しましたが、ひたすら寝てましたw お利口さん?

3.1カ月過ぎてから現在(2011/7/17)

表情が豊かになってきました。
起きている時間が日々長くなってきました。

時々、泣き声以外の声を発するようになってきています。
「っあい!」や「あぅー」とか、すごかったのが「なおなおなお」!
「っあい!」は多分おっぱいでしょうね。もう自分の意志表示をしっかりしています。
そしてこちらも、子供の訴えかけていることが少しずつわかるようになってきた感覚があります。

また、声にはならなくとも口をもごもごと動かすようになってきています。何かを話しているのでしょうか?

7月になってからまたまた引越したので、バタバタしましたが、
子供は平然としています。
週に1回ぐらいは外に出るようになり、他の大人や子供と触れる機会が増えました。
抱っこしてもらったりもしますが、子供は泣きもせずボケーっとした顔をしてあくびしたりしています。

警戒心が全くないようで大物感を漂わせています。
他にもお風呂を初めて入れた時から全く怖がらず、むしろ喜んでいるようです。
またその喜ぶ顔が銭湯にいるようなおっちゃんみたいで、貫禄があります。

なんか変な子供ですね・・・。
声もやたらと低く、妻曰く「ハスキーボイスでどの赤ちゃんと比べてもダントツで低い」そうです。
産声から低かったですが、今も低い声です。

泣き声はYouTubeに限定公開していますので、
もし聞きたいというもの好きの方がいらっしゃればURLを教えますよ。

感想

子供は不思議がいっぱい!
そして私はどんどん親バカになっていきますw

変な生き方をしているので、普通の人とは思考が違うと思っていますが、人間の本能には逆らえないようです。
これもまた人生。楽しいね!