「Webクリエイターに足りない、本当のSEOスキル」セミナーで感じたこと

スポンサーリンク

ここ数ヶ月、自分自身のブログやサイトを今まで以上にしっかり運営していかないといけないと感じています。

ブログやサイトを作る上で避けては通れないのがSEOです。それなのに今まで、SEOのことを深く考えることはほとんどと言っていいほどありませんでした。

スパム的なことはダメということは知っていても、じゃあSEOって何ですか?となっても、はっきりとしたことが言えない状態が続いていました。

そんな中、参加してきた「Webクリエイターに足りない、本当のSEOスキル」セミナー。

このセミナーに参加することで、危機感を持った自分にとって何かヒントが得られるのではないかという思いがあり、必死でした。

セミナーの内容振り返りと、セミナーを受けて感じたことをつらつらと書いてみました。

セミナー情報

2013/5/11 (土) 14:00 – 17:00
貸し会議室 大阪研修センター B+C会議室 (大阪市淀川区十三本町1-12-15 ドルチェヴィータファースト3F)

講師:住太陽さん(「SEO 検索エンジン最適化」管理者)

検索する時の気持ちって?

今回のセミナーの内容は、至ってシンプルなものでした。でも、ついつい忘れてしまうようなことでもありました。

自分が検索する時のことを考えたことはありますか?ほとんどの場合、わからないことを調べる時に使いますよね。検索する人は自分の抱えている悩みを解決できるまで、情報を探し続けます。

コンテンツを発信する側がすることは、検索している人に答えを用意してあげることです。

当たり前のように聞こえるかもしれませんが、私はすっかり抜け落ちていました・・・。

検索する人はわからないことを調べているわけで、商品を買うことや、お問い合わせをしようと思っているわけではないということを理解しておく必要があります。

セミナー中に住さんが質問をする場面がありました。

「昨日、検索をきっかけに何か買い物をしましたか?」

結果、約100名の参加者のうち2名でした。たった2%です。

セミナーに集まっているのはそれなりにインターネットに関するスキルが高いので、実は2%でも相当高い数字ではないかと思っています。

すぐ売りたいならリスティング広告

セミナーの内容から少しずれるかもしれませんが、住さんが言っていたことで印象に残っていることがあります。

「儲かるキーワードがあるなら、リスティング広告を使いましょう」ということです。例えば「母の日 ギフト」なんてキーワードは買う気満々なので、コンバージョン率も高いはずです。

すぐにでも買いたい!と思っている人にはリスティング広告が有効です。

また、他社のリスティング広告の先のページを確認して、どんな内容になっているのかを調べることが重要という話もありました。ずっとリスティング広告を出し続けているということは、リスティング広告のおかげで儲かっているということだからです。

お客様にもリスティング広告を提案することも大切ですよ、という話もありました。お客様にとっては何よりも儲かることが大切です。

よ〜く考えれば分かることなのに、私は気付かない。

そんなことを住さんはズバズバと突いてきます。まだこの時点で30分ほどしか経っていなかったのに、もう既に来てよかったと思っていました。

SEOは技術ではない

検索者を対象に考えることがSEOです。
検索する人がどんなことを考えているのか、どんなことを悩んでいるのか、どう解決していくのか・・・などを考えてコンテンツを用意することが大切です。

技術的なことは誰でも真似ができます。
例えば、マークアップやサイト構造の最適化。これらは誰でもができることなので、ほとんど差がつかないので、意味がありません。最初に一度やっておけば、済む話ですね。

お客様からSEO対策をちょっとやってもらえますか?と言われてもできません。SEOは時間をかけてサイト内にコンテンツという無形資産を作っていくからです。

SEOでやること

検索者が探しているものに合致した情報をサイトに追加することです。

その情報は圧倒的にわかりやすい、正確、魅力的、詳しい、丁寧であることを目指すべきです。圧倒的に美しいだったり、面白いというところは目指すべきではないという話がありました。なぜなら、自分だけでどうにもならない部分だからです。

そして、新しく追加したコンテンツを紹介できるようにしておくことです。
これはTwitterやFacebookなどのソーシャルメディアですね。もっと前からあるのはRSSですね。

SEOは専門的な知識を持った人物が行う

こちらは検索者が満足できるようなコンテンツを用意する必要があります。

そうなると当然、コンテンツを作る人は専門的な知識を持った人物でないといけません。会社であれば、経営に関わるような人(社長)がコンテンツを作るべきです。

お客様とのやりとりでは、コンテンツは「自分で作ってください」と言った方がいいです。

何でもやってもらえるというマインドを持ったお客様は将来にわたる顧客ではない。任せようとするお客様の会社は売り上げが下がる傾向があるそうです。

訪問者の興味は自分自身の問題だけ

サイトへの訪問者の関心は自分自身の問題だけです。サイト全体がどう、とかは関係ありません。

会社であれば、自社が儲かるか、儲けの助けになるかどうかだけです。

サイトへの訪問者に「私のサービスは〜」という話をしても、かみ合わないのは当然です。「あなたの問題はこうやったら解決できますよ」という風にしておくべきです。

情報発信する

Webを仕事にしているのであれば、自分で情報発信することは当たり前のことです。

・過去、現在、未来のクライアントのために情報を発信する
・自分への信頼度の高さに応じた、それぞれのお客様へに情報発信する
・発信する情報を「自分でするための方法」にしておく

自力解決を求める人々はノウハウを求めて検索を繰り返すので、リーチしやすいです。この時は解決策が見つかるまで検索を繰り返します。そのため、検索順位が関係なくなってきます。

苦労して見つけて、無事解決できたら、シェアしたくなりますよね。

このような情報発信が多い人が、その分野で権威があると思われるようになります。ブログ、Twitter、本などで発信していれば、専門家と思いますよね。

セミナーの感想など

ここまでの内容はセミナーで聞いた内容です。「SEO 検索エンジン最適化」の住さんの話です。

自分自身、勉強になったというか、本来思っていたことを改めて思い出させてくれるセミナーとなりました。当然知らなかったことも多く、これからすべきことも見えてきました。

今回はWebクリエイターのためのセミナーということで、Web制作をしている知り合いも多かったです。本音を言うと、聞いてほしくなかった。今回のような内容、周りのWeb制作者はほとんど意識していないだろうと感じていたからです。

もともとそれほど技術があるわけではない私にとっては、専門家が本当に身に付けるべきスキルを習得するのは脅威です。

セミナー後、自分を振り返ってみると・・・節約カウチサーフィンの専門家というイメージが定着しているような気がします。これらはブログだったり電子書籍で情報発信していたからです。

逆にできていないと思うのは、このブログです。記事数の割に大してアクセスがないのも、ほとんどの記事が誰かの問題解決になっていないからでしょう。

今後、ブログタイトルや見た目の部分も含めて、全面的にリニューアルします。

私にとっては、人生を変えるきっかけになるセミナーとなりそうです。いや、これからそうしていかないといけません。

追記:このセミナーの後、ブログをリニューアルしました。
ブログをリニューアルした理由と思いについて
WordPressブログリニューアルの際に利用した、11個の基本的なテクニック

さらに追記

他の参加者の感想も合わせて紹介しておきますね。私よりもよく書けています。

大阪十三で開催された住太陽氏のセミナーWebクリエイターに足りない、本当のSEOスキルのレビュー

2013/05/11 住太陽さんのセミナー@大阪に参加して来ました

SEOの範囲や境目で悩む[お詫びと訂正あり]

住太陽さんのセミナーで思ったことなど

住太陽先生の「本当のSEOスキル」セミナーに参加してきました