地元メディアを本格スタートして1ヶ月の感想。検索流入が順調に増加中

スポンサーリンク

2014年の年明け間もない頃に地元メディアを始めたという記事を書きました。
参考:神戸市北区の情報を発信するブログメディア「神戸北ぶらり歩き」をオープンしました

2013年の年末頃から本格的に記事を書き始めて、約1ヶ月経ちました。最初はどうなるのか全く予想もつかない中で始めましたが、1ヶ月続けてみるといろいろ見えてくることがありますね。

正直、運営していてかなり楽しいです。楽しいのと同時に大きな可能性を感じることができた1ヶ月でした。

折れ線グラフ

検索流入の推移

まずは、神戸北ぶらり歩きの検索流入について見ていきます。2013年12月1日〜2014年1月29日15時時点までの検索流入数の推移を調べてみました。 

神戸北ぶらり歩き Google Analytics

波はあるものの、右肩上がりに検索流入数が増えていることが確認できますね。ここ数日は1日30件ほど検索での流入があります。

右肩上がりになり始めたのは、ほぼ毎日更新を始めた2013年12月29日頃からですね。記事を書けば伸びるという典型的な例だと言えます。

神戸北ぶらり歩きを始めた当初、こんなに早く検索流入数が増えるとは思っていませんでした。というのも、神戸市北区はそれほど人が住んでいる地域でもないし、遊びに来るような場所も大してないからです。あまり期待せずに始めたのですが、思ったよりも伸びるのが早くて驚いています。

ブームに乗っかって書いた「ここ、ほんとに神戸市?それでも北区に住み続ける5つの理由」という記事が、隠居系男子さんの「あなたの町の魅力も伝えて欲しい!「私がそれでも(地方)に住み続ける」シリーズをまとめてみた!」や週刊はてなブログの「その街の魅力! 札幌、函館、仙台、新潟、浦和、世田谷、京都、大阪、神戸、奈良、岡山、福岡、北九州、宮崎、鹿児島、沖縄、……に住み続ける理由を熱く語るブログが急増中です」にまとめられ、大ヒットしたということもありました。しかし、この大ヒットは検索流入に大して貢献していないので、純粋に検索流入が増えていると思っています。

検索キーワードを眺めても、今まで書いたあらゆる記事に対してのキーワードになっています。住んでいる人が少なかったり、遊べる場所も少ないので、逆にライバルがいません。

新しく始めたサイトで、ドメインの力もさほど強くないのにも関わらず、書いた記事がすぐに検索結果の1ページ目に出てきたりします。こんな記事が大半なので、書けば書くほど検索流入が増えるのはほぼ間違いないと見ています。

2ヶ月、3ヶ月、半年、1年と続けていくことで、時間とともに記事も増えて、さらに強固なものとなるでしょう。

PV(ページビュー)は?

まだ本格的に運営を始めてから1ヶ月ほどなので、それほどPVは多くありません。上記の大ヒット記事までは1日50PV前後でした。大ヒット記事のあとは少し増えて、1日200PVほどです。まだ、大ヒットの恩恵を少し受けてるみたいで、完全に落ち着いたらもう少し下がると見ています。

少ないとは言えども、私が今まで運営してきたブログやサイトで一番幸先の良いスタートを切れています。今は月間で28〜29万PVほどあるノマド的節約術でさえ、最初の1ヶ月は月間で1,000PVほどでした。

テーマを限定しているので、いずれは上限を迎えると思いますが、このまま順調に伸びていけば、それなりにアクセスがあるサイトになると思います。アクセスが増えたら、近所に住んでいる人のちょっとした話題になるのかな?先のことは分からないので、とりあえずは突っ走るのみですけどね。

神戸市北区に興味を持ってもらえるように、これからも役立つネタ、くだらないけどへぇ〜っとなるネタなどを書いていきます。もし良かったら読んでみてくださいね。

→ 神戸北ぶらり歩き

参考になった本がこちら。サイトを運営する立場ならぜひ読んでおきたい一冊。