今まで聴いてきた音楽はその人自身をあらわす

スポンサーリンク

現在、5年ほど前からこっそり運営していた音楽レビューサイトをブログに移転することにしたので、
レビューデータの移動を1件1件手作業で行っております。
プログラマなのになぜそんなに面倒なことをするの?と思うかもしれませんが、出来ないものは仕方ありません。

音楽レビューサイト誕生のきっかけ

社会人になったのとほぼ同時にサイト運営を始めました。
高校生の頃から音楽を聴くのが好きになりましたが、何かひっかかるものがありました。

考えたところ、自分が今まで聴いてきた記録を残したかったのですね。

サイト運営を始める前でも結構いろいろなアルバムを聴いてきましたが、
その時々に感じたことを記録したかったのと、聴いた枚数・曲数を記録したかったのを覚えています。

私は数字が好きで、数字が増えていくということに何となく快感を感じます。
(だからお金の計算とか大好物w)

レビューするならAmazonで間に合うじゃないか!という声が聞こえてきそうですが、
Amazonでレビューしてしまったらアフィリエイトできないという理由から自分でサイトを作ったという訳です。

また、当時XHTML+CSSで美しくコーディングすることにハマっていたこともあり、練習もかねていました。

あとレビューすることで自分の文章力を向上できればと思っていました。

結局自分のためだけに作っていましたw

5年間で262件

今回、データを移行して発覚したアルバムレビュー件数。
なんと262件になります。

平均すると週に1回程度ですが、これだけの件数をレビューしていたことに驚きです。
正に塵も積もれば山となる状態です。(お金の投資、人生の投資もこうありたい)

改めて自分のレビューを少し読み返したりしましたが、まあひどいのなんの。
「22歳の自分、アホか!」と言いたくなる低レベルな文章・・・。

これぐらいの年齢の方やもっと若い方とよく話をしますが、自分の当時を思い出すと情けなくなります。

いかに濃密な時間を過ごしたか?

今年の私は今までの26~27年と違って、一般的に平凡でない時間を多く過ごしています。
特別な経験というと言いすぎかもしれませんが、自分の中で強い想いを持って過ごした時間の差がレビューにあらわれるのではないかという考えに至りつつあります。

最近、音楽を聴いていても今までだったら理解できなかった歌詞の本当に言いたいことが見えることがあります。
歌詞やメロディの裏にある思いがなんとなくわかります。そういった曲と出会うと自分の心に今まで以上に響いてきます。

レビューサイトの今後

音楽レビューは私にとってライフワークになるでしょう。
1年くらい離れていますが、音楽を聴くたびに感じることがあるので、その感情を文章にまとめたいです。

アーティストが歌詞を書くのに自分を見つめなおすように、
私にとっては音楽を聴いたことで感じたことを吐き出すことが自分を見つめなおすことになるのかなと思います。

過去のしょぼいレビューは残したままにします。加筆訂正を加える可能性はありますが。
過去の自分を消してしまうのは何か違う気がするので、未熟なものはそれもまた自分の一部だと認めようと思います。

最後に、宣伝

新しいサイトは

みんなの音楽レビューブログ

です。

普通のサイトからブログに変更しました。
簡単な登録をすれば誰でもレビューを書くことができます。Amazonと楽天なら自分のアフィリエイトIDを登録すればお金が稼げる可能性があります。

Amazonにはない曲のレビューを増やしていきたいです。

まだ、データの移行が終わっていません。(2011/10/13現在、72件移行済)
古いレビューから移行しているので、しょぼさが目立ちますが、今後のレビューは少しはましになるはず(?)です。

よろしくお願いいたします。