久しぶりの日本人!2日続けて人が泊まりに来た時の話

スポンサーリンク

先日、久しぶりに日本人が家に泊まりにきました。
しかも2日続けてで、2日とも違う方という面白い体験をしました。

カウチサーフィンairbnbを経由してではなく、今までにお会いしたことのある方だったので、いつもと違う感じで新鮮な体験でした。いつもは初対面の方ばかりを泊めています。それよりはかなり気軽に話ができるのは不思議な感覚で、やりやすかったです。

後日、家に他人を泊めたという話をするといつも驚かれるのですが、うちでは普通のことなので、なんとも思っていません。自分の家をいろんな人とシェアするという感覚はほとんどの方はないのでしょう。

それはさておき。
人を泊めるとなると、1対1での会話の時間が増えるので、いろいろな話ができます。

大勢の人がいる中ではあまり話そうとしないのですが、1対1なら結構しゃべります。お会いしたことのある方は感づかれているかもしれませんね。カウチサーフィンを楽しむことができる理由もそこにあるのかもしれません。

今回は日本人ということもあってか、かなりの時間話すことができて、良かったです。それでは、振り返っていきましょう。

山積みになった布団

1日目の話

まず、1日目。2013/6/14。この日は私がコワーキングスペースのcolocoでセミナーをしていました。(→その時の記事

その後に会い、一緒に家に向かいます。この日来られたのは、埼玉県の大宮でコワーキングスペース「7F」を運営している星野さんです。7Fで一度お会いしただけなのですが、神戸に来られる、しかも誰かの家に泊まれたらいいなぁ、ということだったので、思い切って声をかけたら、OKということになりました。

星野さんはWordPressでも著名な方で、何冊も本を出されています。そんな方が来られたので、嬉しかったです。次の日にWordPressの大きなイベントであるWordCampがあり、そのために神戸に来られていました。

コワーキングスペースの運営に関する話や、WordPressの話などをしました。1対1で話せるっていいな、と思えた時間でした。

 

2日目の話

次の日はまた違う方が泊まりに来ました。この日泊まった方は去年の11月にも1度、RoomStayというサービスを通して受け入れしています。この時にお互いにいい時間となったので、また来てくださいました。嬉しいですね。

お互いの近況を話したり、家族のことを話したりと充実した時間が過ごせました。話の流れで、家でイベント開催することまで決定するオマケ付きです。

その後、開催しました。なんと3回も!!!

この方と話していると自分の内面に気付いたり、心が浄化されたりして、不思議な感覚になります。忙しくてついつい忘れがちなことを思い出させてもらったり、振り返りになったりします。

次の日の早朝に出発されたので、非常に短い時間でしたが、またまたいい時間を過ごせました。

 

人が泊まりに来るのは面白い!

自分の家は自分や家族だけが住むものと思いがちです。でも、そんな規則はありません。電子書籍にも書いたような気がしますが、これからの時代は所有するのではなくて、いろんな人と共有していく方が楽しいし、合理的だと思います。

家も例外ではなくて、いろんな人を受け入れて、場合によっては泊めてもいいと思っています。人が泊まりに来ると、外にいるだけではなかなか出来ない話もしやすいので、より関係が深まります。

外に出ることで学べること(インプット)は多くあります。外だけでなく家の中という”内”でも学べることが多くなれば、もっとクリエイティブになるのではないでしょうか。