「ありがとうの家」上棟。今後についての案

スポンサーリンク

家の記事を書くのは約半年ぶりでしょうか。

この半年間は今までの人生の中で一番激動の日々だったと思います。
そんな日々の中でも「ありがとうの家」プロジェクトは着々と進行していました。

これまでの経過

・3~4月にかけては家の設計。
・3月に宮崎に行き、使用する木材と製材工場の見学。
・5~6月で見積もりを受け、減額案の相談を数回。
・7月に一人地鎮祭。
・7月終わりから工事開始。

上棟!

上棟1

上棟2

上棟3

上棟4

上棟5

台風が近づいてきていることもあり、あいにくの雨でした。
それでも、木のにおいが心地よかったです。

自然に生活するという目標に近づいてきました。

上棟というと、祭りのように盛大にやるかと思っていましたが、
改まって特別なことをすることはなかったです。
とは言いつつ、梁を金づちで打ったり、お払いの棒みたいなのに名前を書いたりしました。
その時は上棟という実感がしました。

ありがとうの家のこれから

完成が12月の予定で、12月末に入居できることになっています。
去年の冬は部屋が3℃!って嘆いていたことを思うとしみじみ・・・。

ありがとうの家には掘りごたつ、和室、畳のフリースペースなどがあります。
「ありがとうの家」という名前を付けたからには、私たちだけのものにするのではなくて、
いろいろな方法でたくさんの人に楽しんでいただける空間にしたいと思っています。

少し案を考えてみました。

・コワーキングのスペースとして利用する。
・イベントを開催する。
・子供が大きくなるまで子供部屋を貸す or ドミトリー?
・ホームステイを受け入れる。

どうでしょうか?
家一つでも活用法がいろいろありそうな気がしませんか。

実現できるかどうかはわかりませんが、
これからいろいろな人に話を聞きながら方法を探っていこうと思っています。

twitterやfacebookなどでも議論ができれば、と思っています。