サイト運営で周りの目が気になってストレスになっている方へのメッセージ

スポンサーリンク

私がサイトやブログの運営をメインの仕事にしていることもあり、いろんな方の悩みを聞く機会があります。

いくつか悩みがある中で気になったのが、以下の2つです。

  • 書くネタがない
  • 周りの目が気になる

他にもアクセス数(PV)を増やしたいというのもありましたが、それ以前の話だと思うので、今回はふれません。

周りの目が気になる

自分の書いたページがインターネット上に公開されることで、必然的にいろんな人の目に入ります。

相談してくださった方は、自分が運営しているサイトジャンルの関係者が多くて、公開するとよく読まれているそうです。

話を聞いていると、専門家の目に入りやすい状況が、書き手のプレッシャーになっているように感じました。書き手自身も私のような専門外の人間と比べると圧倒的に詳しいです。でも、最前線に立っている人と比べているとどうしても引け目を感じてしまうのでしょうね。

知識や経験の差は、専門家に勝つのは無謀なことだと思います。不可能ではないですが、やめておいた方がいいでしょう。

周りの目が気になるという悩みは私も少なからずあります。ブログ記事を山ほど書いててもやっぱり書きにくいことがあって、あえて全然書いてないようなジャンルもあります。

気にしないのが一番

でも、そこを突破するには、気にしないのが一番なんですよね。身も蓋もない回答なんですけど、周りのことを気にしすぎてもしょうがないです。考え方は人それぞれ違うものです。

あえていうなら、読んでいる人に自分の考え方を押し付けるのではなく、提案してみる感じにするのがいいのかな。

私は「〜すべき」という言葉があまり好きではありません。それよりも自分の記事をきっかけに選択肢の1つを増やして、自分で考える余地を与えるようにしています。

「〜はどうでしょうか?」という感じで。自分の考え方に同意してもらえるなら、その先のコンテンツも用意してあげる。そんな感じでいいと思います。「〜すべき」は人が集まりやすいかもしれませんが、長期的な信頼を獲得する面を考えるといいとは思えません。

書くネタがない

書くネタがないのも、周りのことを気にしすぎてしまうために起こってしまうのではないかと思いました。

周りを気にすることが自分へのストレスになって、自分の本来持っている能力を下げてしまっているように思います。ストレスがない状態、余計なことを気にせず書けるのであれば、本来持っている能力が出せると思います。

ネタもすぐに思いつくでしょう。

運営を通して人生をどうしたいのかを考える

ネタ出しや周りの目を気にするよりも前の話で、サイト運営していった結果、自分の人生をどうしていきたいのか。何のために運営するのかを改めて考えるのも大切なことです。

迷いが出るということは、自分の軸がズレかけていることもあると思います。改めてじっくりと考えてみるのがいいと思います。

相談を受けてちゃんと回答しようと思うと、ホントは人生設計とか夢とかそういう話まで聞かないといけないと思っています。

その上で、性格に合った回答をしていかないと結局また別の悩みを増やしてしまいかねないです。テクニックを伝えても軸がしっかりしていないと、効果があるとは言えません。

私自身がもっと信頼されるようになって、何でも話してもらえるようにしていかないといけないですね。心のどこかで思ってることを、自然と引き出せるようにしていきたいです。