限定品だけを検索できるサイト「限定品.info」の作り方

スポンサーリンク

新しくサイトをオープンさせました。「限定品.info」というサイトです。

中身はとてもシンプルで、オークション(ヤフオク)に出品されている限定商品だけを検索できるようにしています。 落札や取引はヤフオク上で行います。たったそれだけのサイトです。

この「限定品.info」、どうやって作ったか、どんな技術を使ったのかを簡単に紹介したいと思います。Webの知識が少しあって、少しPHPでのプログラミングができれば、すぐにできます。

限定品.infoのロゴ

なぜ作ろうと思ったのか?

なぜ限定品.infoを作ろうと思ったのか?まずは、これですよね。

このアイデアがひらめいたのは、1つのとある記事でした。1回見ただけでどこのサイトかも忘れてしまったのですが、「思わず買い物したくなるキーワード5選」みたいな記事を読んで、そこに”限定”が2つも登場していたので、そこでひらめきました。

限定品だけまとめれば、購買意欲を高めることができるのではないかと。安易な考えですが、せっかく思いついて、すぐに実現できそうだったので、やってみました。

ヤフオクAPIを利用

限定品.infoの肝となるのが、APIです。ヤフオクのAPIを使って、商品情報を検索しています。

自分で入力したキーワードに加え”限定”という文字を付加して、検索をかけています。これだけで、”限定”という文字が入った商品を抽出しています。

とってもシンプルでしょ?

ヤフオクのAPIで得た検索結果のURLに対して、バリューコマースのURLをかぶせて、アフィリエイトリンクにしています。

PHPに関しては、simplexml_load_file関数と、foreach文さえできれば似たようなサイトが作れるほどで、ホント大したことはしていません。

ちなみに、このサイトが生まれるヒントになったのはこちらの本でした。

 

WordPressで作成

限定品.infoはWordPressで作っています。理由は使い慣れているのと、SEOがやりやすいからです。

ウェブマスターツールに登録するサイトマップを作ったりするのは面倒だし、ページごとにindexさせるかどうかを設定したかったので、WordPressを選びました。

他のCMSでもできるのかもしれませんが、他はほとんど知らないので、WordPressでした^^;

検索結果のページをテンプレート化して、そこに上で紹介したAPIの処理を書いています。

利用しているWordPressプラグイン

シンプルなサイトなので、ほとんどプラグインを使っていません。使っているのはたったの4つ。参考になるかわかりませんが、一応紹介しておきます。

  • TinyMCE Advanced
  • WordPress SEO
  • WP Multibyte Patch
  • WP Total Hacks

以上です。この中で一番使っているのが「WordPress SEO」です。大活躍と言ってもいいぐらい使ってます。使い方の記事はこちら→「【保存版】WordPress SEO by Yoastプラグインの設定完全版

プラグインが少ないからか、サイト内の移動がかなり速く感じます。

 

その他の技術

レイアウトはTwitter Bootstrapを利用しました。ほぼフル活用なので、見る人が見ればまるわかりだと思います。

ロゴはココロザシの守岡さんにお願いして、作っていただきました。

あとは、Google AdSenseをレスポンシブに対応させたことぐらいです。(とは言え、初めてやってみたわけですが)

かかった時間

限定品.infoを作るのにかかった時間、工数にしたら1人日ぐらいです。難しい技術を使っていないので、苦労したことはほとんどありませんでした。

あとはどれだけ集客できるか、その1点に尽きますね。需要があるようであれば、水平展開させることも考えています。